フラワー

国内でも憧れのリゾートウェディングができる|素敵な結婚式の挙げ方

日本の伝統的な挙式

新郎新婦

憧れる人はけっこう多い

結婚式の挙式スタイルとして代表的なのは、教会であげるキリスト教式と、神社であげる神社挙式のふたつですが、以前と比べて神社挙式を選ぶカップルが増えてきています。神社挙式は日本の伝統的な挙式スタイルであり、一度はその厳かな雰囲気を味わっておきたいというのが理由のひとつとなっています。そもそもは室町時代に遡ることができる挙式スタイルとされ、日本人として生まれたからには、日本の伝統や儀式に則って挙式をあげる、というのはごく自然な思いですが、それ以外にも、両親や親戚など、比較的高齢な方々にも受け入れられやすいというメリットもあります。また、結婚式では衣装も特別なものを着ることになりますが、キリスト教式のウェディングドレスと同じく、神社挙式でも白無垢や打掛といった和装があり、それを味わうことができるというのも、選ばれている理由となっています。何よりも神社で行なわれる挙式であるだけに、和装がよりいっそう映えることになり、新郎新婦にとっても良い思い出になります。神社挙式にはいくつかの儀式がありますが、そのなかのひとつの「誓詞奏上」は、新郎が神前で結婚の誓いを述べるというものです。キリスト教式では新郎新婦がともに神の前で結婚の誓いを行いますが、神社挙式では、新郎が誓いを述べるというスタイルなので、新郎としては、自分の頼もしい姿を新婦に見せることができるというメリットがあり、これも神社挙式が選ばれる理由のひとつとなっています。